石垣島への旅

このブログを始めるにあたり、南の島の写真をたくさん載せています。

これらは、パートナーと私が、先日石垣島へライトワークに行ってきた時に写したものです。石垣島のレムリアのポータルを訪れることが目的でした。

石垣島へ旅立つ前日に大天使ミハエルから受け取ったメッセージがあります。

あなたがたは、男女で行動している。
それは非常に理想的なことでもあります。
ですので、
今回のライトワークはとても重要。

あなたがたが我々から
受け取ったメッセージを
純粋に人々に発信し人々に気づかせる。

それが重要なのです。
そのために私達はあなたがたを
石垣島に呼びました。

それほど重要なミッション
であるということを理解してください。

メッセージは、量ではありません。
いかにそれが純粋で美しいものであるか。
その質が問われます。

ですので、あなたがたも純粋な心で、
神聖な思いでその場に臨み、
といっても、緊張する必要はありません。
私達と近づき、
一緒にワークをしてまいりましょう。

大天使ミハエル

ミハエルのメッセージから、そして旅から帰って、あらためて気づいたこと。

これまで男女でいつも同じ行動ができたことは、スピリチュアル探究をする上で、感謝するべき非常に重要なことでした。

はじめは二人で聖地巡礼など色々なところに行くことだけで楽しくて、三次元的に満足していたのですが、実は高次元から様々な課題を与えられ、サポートしてもらいながら、それをひとつひとつクリアにしていったこの数年間でした。

男女で動くということは、近しい相手を通して自分の内面がリアルに鏡のように映し出され、自分の手放すべき癖をどんどんと浮き上がらせるのに、とても有効でした。封印しておきたかったような、いろいろな感情も露わになり、否応なくそれに直面し、認めざるをえない状況になりました。

そして、パートナーシップを組んでいる恩恵というのか、1対1で教えてもらうことで、自分一人で本を読むよりも、自分一人でワークに参加するよりも、最速で学ぶことができたといえます。なかなか目覚めない私を、あきらめずに根気よくあの手この手で説明してくれたパートナーには感謝の気持ちが尽きません。

とはいえ、ミハエルは「男女で自己探究をすることは理想的」とは言っていますが、そう感じた人全員が明日から始められることではないと思います。

でも、これは「男女」というスタイルを、「グループ」と置き換えることができるはずです。二人以上で、思いを同じくする人たちが集まり、時には感情を出し合いながらお互いを映し出すことで、より早く自分を知ることができるようになるのではないか、と思います。

私たちがワンズヒーリングハウスで、「グループ探究」(今はオープンチャネリングカフェとして)を提案しているのにはこのような理由があります。

また、私たちの使命である「真実の拡大」についても、あらためて基本に立ち戻って考えました。

石垣島のポータルはエネルギーが高く、純粋なメッセージを沢山受け取りました。それを、いかに歪めることなく、純粋なまま伝えることができるのかが課題です。そのためには、私たち自身が本当に常に純粋であらねばならず、ポータルという高いエネルギーの場所での浄化が必要でした。

毎朝、毎夕、その場に通い、ミハエルをはじめとする高次元存在と対話することで、自分たちの身体の確実に変化を感じました。初日は身体が火照り、すぐに眠れなかったほどでした。翌日からは、チャネリングメッセージの受け取りがさらにパワフルになっていきました。これこそが共同創造。

日に日に、エネルギー的にも進化していく私たち。周りの世界もどんどん変わってきました。出会う人、出会う世界、見るものすべて、古いものを脱ぎ捨てて、新しいところに移り変わっているイメージ。今こそ「魂が決めてきた人生のストーリー」を歩んでいます。

2023-07-04|
関連記事