ワンズヒーリングハウスの庭に降り注ぐ高いエネルギー

この場所には非常の高いエネルギーを流しております。

常に我々は、この場所に対して、エネルギーを浄化し、
高い周波数のエネルギーを流し続けております。

そして多くの高次元存在がそばに立ち、
この場所を守っているのです。

今するべきことは、この家を守り、
常に最適な状態でお客様をお迎えすること。

そして一人でも多くの地球上の人たちに癒しを与えること。

それがあなたがたの使命です。

大天使ミハエル

ワンズヒーリングハウスのガーデニング

大天使ミハエルは、このワンズヒーリングハウスという場所に、高次元存在は高いエネルギーを流し続けていると言っています。この高波動のエネルギーを多くの人が受け取ることができるよう、多くの人が気兼ねなく出入りできるハウス、つまりミハエルの言う「みんなの家」を実現したいと思って日々活動を続けています。

ハウスにいらっしゃるお客様が心地よく過ごしていただくために、毎日のルーティーンがあります。この一軒家は、私とパートナーのシュウの二人で運営・管理しているのですが、施術やチャネリングなどの実際のセッション以外に日々行うことは多いです。

庭のお手入れはそのひとつ。

今の夏の時期は、朝起きてすぐ、涼しい時間に庭の仕事を始めます。朝露に濡れた木々や葉の香りを感じ、穏やかな光を放つ朝の太陽を浴びながら土に触れて、日々の植物と対話をするように作業することは私自身にとって大きな癒しでもあります。

左の木がローリエ、右がユーカリ、手前にローズマリー

2023年のエネルギーの変化

今年の太陽エネルギーは今までにないくらいパワフルで、植物が大きく育っています。木々の葉は生い茂り、サイズは去年以上に大きくなって、驚くほど早いスピードで成長しています。

毎年花を咲かせるサルスベリ。今年は開花が普段よりとても早い。漢字で「百日紅」という名の通り、秋まで長い期間花が咲き続けます。
毎年同じ場所に現れて増え続けるモヒートミント
毎年少ししか実をつけないので貴重なブルーベリー

そして、今年になって、様々な不思議な出来事が起こりました。

春、何年間も花が咲かなかったハナミズキが満開になり、ユーカリやローリエなど香り高い木々が、天に向かって驚くほどのスピードで成長しています。スズメは大群で押し寄せて、人間を怖がることもなくなりました。

特に、柿の木は、植えられてから40年ほど経ちますが、今まで一度も実をつけたことがありませんでした。毎年葉だけが生い茂り、秋にはすべての葉を落とすという繰り返しでした。ところが、驚いたことに、この家をワンズヒーリングハウスとしてスタートした今年、実をつけたのです。たったひとつだけ、それもまだ緑色をしていますが、「果実が実る」という出来事(具現)は、スピリチュアル的にとても大きな意味を持っています。

今年初めて実をつけた柿(まだ緑色です)

「柿」とは、霊的に、

”妊娠、その心構え。実り。新しい女性性の開花、創造。”

を意味します。

新しい家族が増えること、新しい世界が始まるということ。妊娠は考えにくいですが(!)、ハウスにとっては同じ方向に向かう仲間が増えていくということ。このハウスを「みんなの家」にしていくことを本格的に始めなさい、と読み解きました。

40年以上経つこの家で、新しくワンズヒーリングハウスを始めた今年2023年に、はじめて果実が実るということは、非常に意味深いメッセージです。

この場所に高次元エネルギーが降り注いでいること、この土地全体のエネルギーが上昇し、まさに今大きく変化の中にいるということでしょう。

そして、このエリアは、縄文時代に人々が住み「西ヶ原貝塚」と呼ばれていました。太古の時代からこの地に人々が集い、暮らし、祈りを捧げていた場所でもあったというのも、さらに深い意味があるのではないかと思っています。

東京 wands healing house ホームページ

2023-08-15|
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です