三次元と五次元を繋ぐ

地球に住む上で、私たちの立ち位置について、ミハエルはこのように助言しています。

私はミハエルです。あなた方の立場というのは、もうすでに分かっていると思いますが、我々との高次元を繋ぎ、三次元の人々を繋ぐというその間に入るパイプ役、それはチャネラーとして一人がパイプ役というわけではありません。この家の存在そのものも、そしてシュウも同じです。すべてがパイプとなり、繋ぐ役目をしています。ですので、どちらに傾きすぎてもならない。それは、三次元に寄りすぎるのもよくありませんが、我々に近づきすぎるというのも本来の姿ではありません。あなたがたはパイプ役として肉体を持っています。ですので、言い換えれば、両方の気持ちをくむことができる。そして両方の思いを体現することができるのです。それは中立であらねばなりません。あなた自身の、あなたがた自身のライフスタイルと同じです。我々と共同創造しながらも、この地上に、しっかりと根を張るような暮らしをしていっていただきたい、そのように思います。

大天使ミハエル

wands healing house ホームページ

パートナー・シュウのブログ https://ameblo.jp/f341212/

2024-03-21|
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です